読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちそうさまの購入後レビューです

確かにおいしいのですが!東北出身の私にとっても味つけがかなり濃いです。垣間見られるライフスタイルもお手本にしたいです。本の装丁などは、ちょっと時代を感じさせる雰囲気がありますが、器も参考になるし、料理のレシピだけでなく、ちょっとしたエッセイのような部分も楽しめました。

こちらになります♪

2017年02月19日 ランキング上位商品↑

ごちそうさまごちそうさまが、ききたくて。 [ 栗原はるみ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

体にやさしいだけなく!食べて美味しい!楽しいお料理!そして愛情がこもっている献立は!レシピを見ているだけでも伝わってきます。初版はかなり前のようですが!想像より古っぽさも感じずお気に入りの1冊になりました。副菜のレパートリーがお陰で増えました。でも!いくつか作ってみた中では!味付けが濃いというだけで食べてみて変な味と思う料理はありません。お醤油たっぷり!みりんたっぷり!お砂糖たっぷり!油もたっぷりです。それもそのはずですよね!初版が1992年。しっかりした味付けがお好みの方や!味付けの調整が面倒ではない方にはおすすめです。むしろ薬味の使い方がさすが!と思うものだったり、お料理のアイディアはすばらしいものばかりです。友達もこの2冊を使っている人が多く、料理上手な人が多いので真似して購入してみました。タマネギを炒めないハンバーグのレシピなど等、、アイデアが+αされたレシピが多く勉強になりました。。だいぶ前から関心のあった本ですが、他にも栗原さんの本はいくつか持っていたので我慢していたのですが、やはり欲しくなって、買ってしまいました。料理の一つ一つに小さなエピソードが載っていてこういう思いつきで料理を生み出してるんだなっていうのがわかります。お休みの日につくりおきしたいものも沢山あります。発刊はずいぶん前らしいですが!家内に頼まれて購入です。どれを作っても、試作を重ねただけあって美味しいです。「もういちど・・・」と一緒に2冊買いました。20年近くも前なんですもの。野菜を使った料理が多く、野菜料理のレパートリーが増えました。恐るべし超ロングセラー本です。又!原点に戻ってお料理を作ってみよう!という思いになりました。当時は特に気にもしていなかったのですが最近になって、たまたま書店でパラパラと見ていたらなかなか使えそうだったので購入。簡易的なもので良いので!ラッピングが無料だともっと良いと思いました。家族も愛用している本。栗原さんを好きだと言っていた友人へクリスマスプレゼントに購入しました。どうせ取り寄せになるならと楽天でポイントで購入しました。浜○千○さんの本も色々買ってみましたが・・・味への探究心は!やはり栗原はるみさんの方が!全然美味しい。好き嫌いあると思いますが、我が家ではなかなか好評のお料理が多く、今後も活躍してくれそうです。そんなに難しくないレシピでレンジを使ったりして簡単にできるレシピも多く重宝しそうです。お洒落なお料理ばかりに気をとられてた最近ですが!栗原さんの素朴なお料理に感動させられました。料理に興味を持ち出した子供の友達へのプレゼントとして購入しました。喜んでくれると良いです。調味料の量はご家庭の舌に合わせて調節した方が良さそう。いくつか作ってみましたが友人の言うとおりで、簡単においしいものが作れました。。「この材料でこんな料理もできるのか!」といった発見が多くて良いのですが分量通りに作ると!とても味が濃いです。まだ少ししか作ってないですが、色々作ってみたいと思います冷蔵庫にいつもある食材で簡単に作れてとってもおいしいよ!と友人に進められて立ち読みしようと本屋さんへ行ったのですが、店頭には並んでおらず。特別な材料はあまり使われておらず 普段から冷蔵庫に入っているようなもので美味しく作れる事が魅力です。パラパラと読み、さっそく好みのレシピがあったようで喜ばれました!自分用にも欲しい一冊です。作り方の写真が無かったのが残念ですが、定番の材料でできるレシピが中心だったので、これからじっくり挑戦していきたいと思います。図書館で借り!気に入った本でした。調味料の分量を半分にしたり、お酒や水を足して薄めたりして作っています。栗原さんの本は何冊かもっててまたほしくなり購入!でも私としてはハンディーブックのほうがいいです!以前から気になっていた栗原はるみさんの料理本。以前友人から借りた事のある一冊一度載っていた料理を作ってみたところ、皆に大好評!どうしてもまた見たくなって、今度は購入してみましたいつものお惣菜がちょっと豪華に、そしてより美味しく出来るヒントがもらえる一冊ですかなり前に発売された本です。