マフィンが訳あり価格並みに激安です

まだ作っていないのにレビューを書くのはよろしくないかもしれませんが、本屋でぱらぱらと見て、素敵だなと思ったのに我慢しようとして、でも家に帰ったらやっぱり気になって、注文した本です。基本的な作り方とアレンジが載っていて、基本的な方は細かく写真が載っているのでわかりやすいです。。

コチラですっ♪

2017年02月19日 ランキング上位商品↑

マフィンバターで作る/オイルで作るマフィンとカップケーキの本 [ 若山曜子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

うずら卵とカレーのマフィンとか、子どもも好きそう。「生クリームでつくる」のバリエーションが2つしかなかったのが少し残念でしたが、このシリーズはとても簡単に作ることができ、美味しいので大好きです。表紙に惹かれて購入しましたが!正解でした。まだその分量が手探りですが、これからもこの本のいろいろなマフィンを作りたいと思います。斬新だと思ったのが!ごぼうとチョコレートのマフィンでした。シリーズ本のスコーンに引き続き購入しました。溶かしバターといったらマドレーヌのイメージしか無かったのが恥ずかしいです。バター無しのマフィン目当てで買ったのですが!面倒くさい泡立て無しの溶かしバターマフィンもハマッてしまいました。アイシング、トッピング、フロスティングなどの紹介もされていて、組み合わせ次第で無限ではないかと思いました。市販のクッキーやマシュマロをちりばめたり、りんごなどの自然な食材をふんだんに使ったり、作ってみたいものばかりで、マフィンの楽しみが増えました。6〜7個単位だし気軽に出来るものばかりなので!これから色々と作ってみようと思います。トッピングやクリームのレシピも豊富でお得感があります。オイルやバターを使ったバリエーションが多くて何を作ろうか楽しくなります。眺めているだけでも楽しいです。甘くないのも欲しいんだけどなーと思っていたら最後の方に載っていました。マフィンとカップケーキのレシピだけでなくクランブルやフロスティングのレシピも載っていて参考になりました。出来ればマフィンの具材の組み合わせをもっと紹介してほしかったです。「ごぼうなしでも、ごぼうの代わりにさつまいもでも」など、ひとつひとつにコメントが書かれていて、いろいろ試してみたくなります。スーパーで気軽に買える材料ばかりだと思うので!色々と作ってみたいです。バターを練るものより、溶かしバターや卵ありオイルマフィンの方が手軽に作れて、作る頻度が高いです。ケーキ作りよりはマフィン作りの方が簡単そうで慣れたら毎日作れそうだと思って購入しました。でもマフィンの型を持っていないのでマフィン型を買うかマフィンの紙カップで済ますか考え中です。基本形のプレーンのレシピが何種類か載っていて!トッピングのクランブルや!クリーム!アイシングのレシピもいろいろ載っているのでアレンジも楽しむことが出来るようになっていてとても良いと思います。「バターで作る/オイルで作る」は、スコーンとビスケットの本がとても気に入ったのでこちらも購入。表紙のカフェモカ・オレオマフィン!美味でした♪材料でいうと!卵が毎回2個なくなるのと!意外とヨーグルトの分量が多いです。手に入りやすい材料で作りやすく失敗なく作れます。私紙カップで焼いているのですが!直径5cmのだと配合にもよりますが7〜8個に分けないと!焼いているときにカップからあふれてしまいます。しかもちゃんとおいしいです。